<チリ地震>気象庁がM8.6からM8.8に変更(毎日新聞)

 気象庁は9日、2月27日に南米チリで起きた地震の規模を、当初のマグニチュード(M)8.6からM8.8に変更したと発表した。最新のデータ解析を踏まえ修正した。Mは0.2大きくなると、地震を起こしたエネルギーは約2倍になる。また、動いた断層は長さ約500キロ、幅約200キロで、ずれは最大約8〜11メートルと推定した。【石塚孝志】

【関連ニュース】
チリ地震:M5.9の余震で一時パニック
おいらせ町長選:津波で投票箱24時間監視、ようやく終了
チリ大地震:義援金53億円に 地元テレビ番組呼び掛け
津波:警報無視?最大波到達前に住民次々帰宅 群大が調査
ツイッター:災害情報伝達への検討指示 総務相が消防庁に

「5月決着」なければ首相退陣を、自民・大島氏(読売新聞)
<自民党>「ベテランはTV遠慮を」中堅から不満(毎日新聞)
外国たばこ、値上げ認可=財務省−マールボロ340円に(時事通信)
コンクリート橋脚 プラスチック繊維で強度増…砂利の代替(毎日新聞)
大牟田高「阿久根市長旗の駅伝」出場取りやめ(読売新聞)
[PR]
by idzxq0u93q | 2010-03-11 03:22
<< 地球温暖化対策基本法を内定(時... 水増し増資容疑、元トランス社役... >>