口蹄疫について鳩山首相「大丈夫だ。経済、経営のことはしっかり政府がやるから」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は18日朝、宮崎県で過去最悪の被害が拡大している口蹄(こうてい)疫について、「一番大事なことは政府として(対策に)万全を期し、これ以上、感染を広げず、農家に『大丈夫だ。経済、経営のことはしっかり政府がやるから』という思いを理解をしていただくことだ」と述べた。

 また、「感染経路を十分に把握することが難しい。生き物を扱う対策だから、非常に難しい」と対策の難しさを強調。記者団からの「政府や県の対応に問題点はなかったか」との問いには、「すでにこれまでも、政府で対応はしてきた」と反論した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
口蹄疫被害 種牛も汚染された不手際
ブランド牛の危機 口蹄疫、種牛も殺処分対象に
「宮崎牛」が消滅危機!? 冷凍精液の在庫は15万本
鳩山首相、口蹄疫対策本部設置「拡大とめられぬ現実がある」
横峯選手が1200万寄付「被害収まるまで寄付続けたい」
中国が優等生路線に?

ベッカムも触った1億円の金塊きょう最後 実はレンタル…相場高騰(産経新聞)
<小沢幹事長>国民新・亀井代表と会談(毎日新聞)
「いつか宇宙へ戻りたい」 宇宙飛行士の山崎さん帰国会見(産経新聞)
淡路島の高速道5台事故、3人重軽傷(産経新聞)
前PHP研社長を擁立=みんな(時事通信)
[PR]
by idzxq0u93q | 2010-05-18 21:11
<< 普天間「持続可能な解決策を」…... 対米関係「大局的に協力できる」... >>