公明党、比例で候補者名の投票呼びかけへ方針転換(読売新聞)

 公明党は28日の中央幹事会で、今年夏の参院比例選で原則として党名での投票を呼びかける方針を撤回し、従来通り地域ごとに割り振った「重点候補」の名前での投票を認めることを決めた。

 地方組織の強い要望を受け、方針を転換した。

 井上幹事長が中央幹事会で「これまで『公明党』を前面に立ててきたが、各地域から重点候補を決めてほしいとの要望があり、検討を始めたい」と報告し、了承された。

 参院比例選は非拘束名簿式で行われており、党名、候補者名いずれでも投票できる。公明党は過去3回の参院選で候補者名での投票を呼びかけてきたが、今回は擁立が遅れたことなどから、党名投票を呼びかける方針を決めた。

 しかし、保守層を取り込むためには、候補者名による投票の方が有利だとして、九州地区が昨年末から地元出身の新人候補の名前での投票を呼びかける方針で活動を開始するなど、党内から反発が出ていた。

里見連勝王手!4人目の10代名人へ戴冠確率100%…将棋 女流名人位戦第2局(スポーツ報知)
橋下知事、私立高の実質無料化制度拡大の意向(読売新聞)
「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行−検察側冒頭陳述・秋葉原事件(時事通信)
【こうして生まれた ヒット商品の舞台裏】「やきやき」 象印マホービン(産経新聞)
研究費を業者にプールか=教授ら総額1億円、国税局指摘−山口大(時事通信)
[PR]
by idzxq0u93q | 2010-02-03 11:51
<< 42・195メートルの「マラソ... <センター入試>追試験 最多は... >>