カテゴリ:未分類( 65 )

デルタ航空機の主脚格納庫に黒人男性の遺体 成田空港(産経新聞)

 7日午後6時5分ごろ、千葉県成田市の成田国際空港で、整備士が着陸したデルタ航空機の主脚格納庫のドアを開けたところ、庫内で黒人男性が死亡しているのを発見した。

 同空港によると、同機はデルタ航空59便で、日本時間の同日午前3時41分にニューヨーク国際空港を離陸し、午後4時46分に成田国際空港に着陸した。格納庫は通常機内からは侵入できない場所にあるという。

 空港署によると、男性は年齢不明で、外見上は目立った傷はないという。同署は男性が米国から同機に乗りこんだものとみて、事件と事故の両面で調べている。

【関連記事】
指名手配の男、池から遺体で発見 福岡の重文観音像窃盗容疑
埼玉不審死 当初から「他殺」見立て
中高校生のころから羽振りよさ見せ…婚活サギ女の素顔
神戸女性死体遺棄 別の男も殺害関与を供述
島根の女子大生遺棄 懸賞金の前倒し検討

ボクシング 亀田大毅戦の視聴率19%(毎日新聞)
流氷 網走で接岸初日 昨年より11日早く(毎日新聞)
<児童ポルノ>ワーキングチーム初会合(毎日新聞)
サンラ・ワールドを捜索 未公開株投資で巨額集金 金融商品取引法違反容疑 警視庁(産経新聞)
小沢氏、訪米も大名行列?5月の大型連休中に(読売新聞)
[PR]
by idzxq0u93q | 2010-02-10 09:32

「『記録ある』と検事が虚偽説明」=石井議員への「報告電話」−厚労省元部長が証言(時事通信)

 障害者割引郵便悪用に絡む厚生労働省の証明書偽造事件で、虚偽有印公文書作成罪などに問われた同省元局長村木厚子被告(54)=休職中=の公判は8日午後も大阪地裁で引き続き行われた。検察側証人として出廷した元同省障害保健福祉部長(58)が「実際は存在しない石井一民主党参院議員との通話記録があると検事から説明を受けた」と証言した。
 元部長は大阪地検特捜部の聴取に対し、「石井議員から電話で証明書を発行するよう要請を受け、(当時部下だった)村木被告に指示し、石井議員には電話で『発行することになった』と報告した」と供述。調書にも署名していたが、この日の公判では「交信記録があることが大前提」と述べ、議員への報告も、村木被告への指示も否定した。 

【関連ニュース】
〔特集〕現役キャリア官僚逮捕! 障害者割引郵便不正事件
石井議員口利き「記憶ない」=村木被告公判で厚労省元部長
証明書「元局長から手渡し」=障害者団体元代表が証言
厚労省元局長、無罪主張=「証明書偽造指示してない」
元局長、検察と全面対決=民主党議員も証人出廷

広範囲でFOMA不具合 800万人に影響か 復旧は6日未明(産経新聞)
町村会会長逮捕は遺憾=平野官房長官(時事通信)
有罪判決から65年 「長かった」 「実質無罪」に喜ぶ遺族ら 横浜事件(産経新聞)
阪和線トラブル 2・7万人影響(産経新聞)
鉄鋼、造船重機が要求提出=定昇確保焦点−10年春闘本格化(時事通信)
[PR]
by idzxq0u93q | 2010-02-09 14:47

津波の爪跡生々しく…チリ地震後の写真発見(読売新聞)

 1960年のチリ地震による津波が青森県八戸港周辺を襲った時の写真50枚が、八戸海上保安部で見つかった。

 当時の八戸海保職員が撮影したもので、津波直後の生々しい爪跡を記録している。身近な場所が津波でどうなったかを知り、住民に津波防災への意識を高めてもらおうと、同海保は近く、写真を一般公開する予定だ。

 チリ地震は1960年5月23日に発生。マグニチュード9・5と史上最大規模の大地震で、津波は震源地から約1万7000キロ離れた日本の太平洋沿岸にまで到達、死者・行方不明者142人を出した。八戸市でも高さ数メートルの津波が押し寄せ、被害は死者・行方不明者3人、重傷者2人、建物の全半壊128戸に達した。

 写真が見つかったのは昨年12月。同海保職員が倉庫の整理中に古ぼけたアルバム2冊を見つけた。

 砂浜や川岸に打ち上げられた漁船、壊れた家を前に途方に暮れる人々、津波が引く際に姿を現した海底をのぞき込む住民――。月日を経て色がはげたりした白黒の写真には、50年前の津波災害の生々しい被害の様子が収められていた。

 撮影したのは当時八戸海保警備救難課員だった加藤浩さん(73)(千葉市在住)。写真が見つかったとの海保の部内紙を読み、「自分が撮った」と名乗り出た。

 津波襲来直後に八戸港の海保庁舎に駆けつけたところ、1階は波に洗われて水浸し。無事だった2階にあったカメラを手に、翌日の朝までほぼ24時間かけて現場を歩き回ったという。

 フィルムは5本しかなく、フィルムが切れた後は、惨状を目に焼き付けた。加藤さんは「港に浮かんでいた船が陸に打ち上げられてひっくり返り、本当に地獄のようだった」と振り返る。

 同海保は、八戸市水産科学館「マリエント」で近く写真を公開する予定。同海保の佐藤秀彦・管理課長は「当時は、津波速報を知ることができず、市民も不安だったと思う。写真を見て津波への備えをしてほしい」と話している。(森山雄太)

「結婚したら尽くします」=サイトで「家庭的」演出−交際後に金無心・木嶋容疑者(時事通信)
横浜市で3億円の不正経理発覚(産経新聞)
皇居ランナー、マナー守って…5か所に立て看板(読売新聞)
<しのぶ会>黒川高秀さん=3月13日、京王プラザホテル(毎日新聞)
同盟深化めぐり日米が局長級協議(産経新聞)
[PR]
by idzxq0u93q | 2010-02-08 21:26

雑記帳 大井川鉄道で「受験生応援SL」運行 静岡・島田(毎日新聞)

 大井川鉄道(静岡県島田市)で、「がんばれ受験生!合格」のヘッドマークをつけたSLが運行されている。火・木曜を除き、2月8日までと26日〜3月3日、金谷(かなや)−千頭(せんず)間を1日1往復する。

 2年前からこの時期にお目見えする「受験生応援SL列車」。今年は、乗客らが願い事を書いた護摩(ごま)木(1枚300円)を、運転室にある火室で石炭と一緒に燃やして走っている。

 護摩木には、合格祈願だけでなく「交通安全」「恋愛成就」などの願いもちらほら。火室内の温度は1000度以上あり、同社は「受験も恋愛も完全燃焼を」とエールを送る。【浜中慎哉】

【関連ニュース】
<特集 受験・入試>センター試験の問題・解答、著名人の受験インタビューなど
ストーブ列車:昭和のぬくもり懐かしく 津軽鉄道で運行
バンクーバー五輪:選手村と繁華街結び路面電車 運行開始
JR肥薩線:開通100年 鉄道遺産満喫できる絶景 「SL人吉号」で楽しむ
おでんde電車:走る居酒屋、29日から金・土曜日運行−−京阪石山坂本線 /滋賀

国宝の薬師寺東塔、屋根下の木材など損傷(産経新聞)
<党首討論>17日開催で与野党合意 初の鳩山首相対自・公(毎日新聞)
小沢一郎氏 幹事長続投を表明 (毎日新聞)
確定拠出年金、加入上限65歳に拡大へ(読売新聞)
<日医会長選>京都府医師会の森洋一会長が立候補(毎日新聞)
[PR]
by idzxq0u93q | 2010-02-07 23:10

再現される事件当時の進行経路… 消されたモニターを見つめる加藤被告(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第2回】(1)

 《東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(27)の第2回公判が1日午後、東京地裁(村山浩昭裁判長)で始まった。今回の公判では、証拠品の取り調べが行われるほか、事件当日、秋葉原にいた目撃者の1人の証人尋問が行われる予定だ。事件の様子を目の当たりにした目撃者の口から、何が語られるのか注目される》

  [図解] 秋葉原駅前 事件現場の見取り図

 《初公判と同じ東京地裁104号法廷。村山裁判長と検察官、弁護人、傍聴人はすでに席に着いている。開廷予定の2分前の午後1時28分、加藤被告が法廷に入ってくる。白いシャツに黒いスーツ姿。弁護人席の前の長いすに座った。表情は硬く、緊張しているように見える》

 《起訴状によると、加藤被告は平成20年6月8日、東京・秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺したほか10人にけがを負わせた、などとされる》

 《初公判で、加藤被告は事件について謝罪した上で、「事件当時の記憶がないところもありますが、私が事件を起こしたことに間違いはありません」と事実関係を認めた。しかし、その一方で、弁護側は刑事責任能力について争う姿勢を示している》

 裁判長「若干早いようですが、開廷します。本日は、まず採用が決まっている証拠調べを行います」

 《目撃者の証人尋問の前に、まず証拠調べが行われるようだ。検察官が立ち上がった。法廷の大型モニターに「要旨の告知 検察官」と大きく書かれた画像が映し出される》

 検察官「証拠に添付した内容を、モニターに映しながら説明します。甲126号証、被告が犯行時に着ていたジャケットです」

 《しわになった白っぽいジャケットの表と裏が順々に映し出される》

 検察官「犯行時に着ていたズボンです」

 《白っぽいズボンの表と裏が映し出される。表側に赤い血痕のようなシミが見える。加藤被告は、大型モニターを見ている》

 検察官「次に示すのは、防犯カメラの画像を解析したものです」

 《大型モニターに秋葉原周辺の地図が映し出される。当時、歩行者天国となっていた事件現場「外神田3丁目交差点」の部分だけが、緑色に塗られている》

 検察官「(1)と表示されているのは、(平成20年)6月8日午前11時38分6秒、被告のトラックが確認されています…」

 《モニターに、(1)という数字と時間、防犯カメラが撮影したトラックの映像が映し出される。検察側の冒頭陳述などによると、加藤被告は、事件を起こすと決断して、静岡県からトラックを運転して秋葉原まで到着したが、直前にためらって、秋葉原周辺をぐるぐると回っている。検察官は、そのときの進行経路を克明に説明していく。その説明に従って、モニターには(2)、(3)、(4)…と、地図に進行経路が表示され、順々にトラックの映像と時間が映し出されていく》

 《防犯カメラには、その途中、加藤被告がトラックを降りてパチンコ店のトイレに行く姿まで写っていた》

 検察官「(22)、12時30分27秒の位置です」

 《モニターの地図上では、加藤被告のトラックの位置が、また事件現場の「外神田3丁目交差点」に近づいている》

 検察官「この後、(被告のトラックは)外神田3丁目交差点に突入します。大型モニターの画像は差し控えさせていただきます」

 《大型モニターが消える。残酷なシーンを映し出さないための配慮や被害者のプライバシー保護のためなのだろうか。裁判長らは、じっと手元のモニターをのぞき込んでいる》

 検察官「トラックが突入した後です。12時33分7秒でした」

 《検察官の言葉だけが、法廷に響く。モニターには何も映っていない。加藤被告は、その何も映っていないモニターをじっと見ている》

 検察官「次に(事件現場近くの大型家電店)ソフマップの防犯カメラの画像解析図です。大型モニターはオフにさせていただきます…」

 《検察官は、モニターを切ったまま、現場近くの家電店に設置されたモニターの位置を説明した上で、事件現場の状況や写真説明を始める》

 =(2)に続く

【関連:秋葉原連続殺傷事件】
秋葉原17人殺傷 きょう第2回公判 事件の目撃者が証人出廷
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶
歩行者天国中止、客足減…影響続くも事件は風化 アキバの今を歩く
秋葉原殺傷初公判 加藤被告 無関心から反省、謝罪の言葉も
初公判ライブ(1)「おわびをさせてください」加藤被告、背筋を伸ばして謝罪

【中医協】「院内トリアージ体制加算」を新設へ(医療介護CBニュース)
「仕事の大変さを分からせたい」HP改竄で元社員逮捕(産経新聞)
豆腐・納豆食べる人 肺がんリスク減ります たばこ吸わない男性 厚労省調査(産経新聞)
拉致問題「実行犯引き渡し項目」削除めぐり波紋(産経新聞)
小沢幹事長、田村参院議員に入党要請(産経新聞)
[PR]
by idzxq0u93q | 2010-02-07 02:51

偽造カードでブルゾン購入 自称ナイジェリア人の男を逮捕(産経新聞)

 偽造クレジットカードを使って買い物をしたとして、警視庁中野署などは、不正作出支払用カード電磁的記録供用と詐欺などの疑いで、自称ナイジェリア国籍の自動車販売業、ンゴト・ケレチ・ロザ容疑者(40)=埼玉県川口市西川口=を逮捕した。同署によると、ンゴト容疑者は黙秘している。

 逮捕容疑は、昨年12月20日午後5時半ごろ、神奈川県相模原市の衣料品店で偽造カードを使い、店員からブルゾンやバッグなど計12点(3万円相当)をだまし取ったとしている。

 同署によると、ンゴト容疑者は同日午後7時半ごろ、東京都中野区内の衣料品店で買い物をする際に、メモを見ながらサインをしたため不審に思った店員が通報。ンゴト容疑者は、偽造カード4枚のほかに、別の5人分の名前やカード番号、暗証番号などが書かれたメモ用紙を所持していたという。

【関連記事】
ナイジェリア人が“ネック”の仰天理由は…六本木が環境浄化に本腰
指南役は中国人…偽造クレジットカード3千枚押収、14人逮捕
カード偽造工場を摘発 組織的に「買い回り」?
勝手にカードが使われる「クレジットマスター」の恐怖…恋人が禁断の手口に踏み込んだ裏事情とは
偽造カードで買い回り 暴力団組員ら5人逮捕

八王子射殺 犯人履いていたスニーカー公開(毎日新聞)
嵐の中で静かに瞑想 六本木の国立新美術館で「文化庁メディア芸術祭」(産経新聞)
<自民>参院選の公認候補2人を発表(毎日新聞)
東京地検、鹿島会長を参考人聴取(読売新聞)
農家男性に婚活の場、合コン毎月開催へ(読売新聞)
[PR]
by idzxq0u93q | 2010-02-06 07:10

朝青龍 聴取へ 傷害容疑で立件判断 警視庁(毎日新聞)

 大相撲の横綱・朝青龍関(29)が初場所中の1月16日未明、東京都港区西麻布の路上で知人男性(38)を殴り重傷を負わせたとされる問題で、警視庁麻布署は、暴行の経緯などを確認するため近く朝青龍関と被害者の知人男性の双方から任意で事情聴取する方針を固めた。麻布署は事情聴取を踏まえ、朝青龍関を傷害容疑で立件するか検討するとみられる。

【写真で見る】入門、結婚、昇進、そして・・・横綱朝青龍 激浪の土俵

 捜査関係者によると、朝青龍関は16日午前4時ごろ、港区西麻布の路上で酒に酔い、飲食店で働く知人男性の顔を殴ったという。男性は鼻の骨を折る1カ月の重傷を負った。

 男性は当初、「謝ってくれれば問題にするつもりはない」と麻布署に話していたという。しかし、朝青龍関から謝罪がなかったため、弁護士と相談のうえで25日に診断書のコピーを持参して麻布署に被害相談に訪れた。被害届については「もう少し考えたい」と提出しなかったという。

 朝青龍関側は、突き飛ばした相手を個人マネジャー(31)と説明していたが、その後、飲食店で働く知人男性だったことが判明した。【古関俊樹、神澤龍二、山本太一】

【関連ニュース】
【写真で見る】横綱朝青龍が帰国、謝罪の記者会見(07年11月)
【写真で見る】朝青龍:175日ぶりに本場所の土俵に復帰、白星発進(08年1月)
<ところが>朝青龍関:暴行は別人?飲食店の知人男性が警察に被害相談
<当初は>日本相撲協会:朝青龍を厳重注意 知人突き飛ばしで

まゆのひな人形、制作ピーク=長野県須坂市〔地域〕(時事通信)
閣僚好き勝手…答弁拒否したりヤジったり(読売新聞)
<水門談合>国交省、23社に8億円損害賠償請求(毎日新聞)
小沢氏「責任」言及 低姿勢貫き逆風回避 検察・マスコミ批判も封印(産経新聞)
学力テスト抽出率にばらつき 対象外でも自主参加可能(産経新聞)
[PR]
by idzxq0u93q | 2010-02-05 10:18

42・195メートルの「マラソン足湯」登場!大阪国際女子マラソン(産経新聞)

 女性ランナーが浪速路を走る「2010大阪国際女子マラソン」(31日、日本陸上競技連盟、産経新聞社など主催)の発着点となる大阪市東住吉区の長居陸上競技場メーンゲート周辺に30日午前、フルマラソンの距離にちなんだ42・195メートルの「マラソン足湯」がお目見えした。

 レース当日、競技場周辺で多彩な催しが開かれる「スノーワンダーランド」の一環。兵庫県新温泉町の湯村温泉から運び込んだ源泉約20トンのかけ流しで、同時に約150人が利用できる。30日は約1時間のみ試験的に設けられ、学生や家族連れらが「温かくて気持ちいい」「明日も観戦の合間に入りたい」などと堪能した。

 スノーワンダーランドは31日午前10時半から午後3時半まで。足湯のほか、雪遊びができる広場「スノーランド」やグルメコーナー「逸品縁日DX」、「スタンプラリー」などがある。

【関連記事】
ラストランで優勝狙う小幡 大阪国際女子マラソン
木崎良子、初マラソン女王&地元V狙うぞ!
日東電工、社員一丸で準備 大阪国際女子マラソン
眺望楽しみながら足湯 森ビルの高層タワー完成
観光の巻き返しで割引キャンペーン続々 神戸市

<米軍機>神奈川上空で部品落とす けが人なし(毎日新聞)
鳥取不審死 上田容疑者 家電購入直後に転売 水死男性、頻繁に督促(産経新聞)
<中学受験>本格シーズン 受験者数過去最高更新する勢い(毎日新聞)
「特等席」は中井氏の地元=全国のマスコット集結−会見に背景パネル・警察庁(時事通信)
<偽1万円札>東北4県で相次ぎ見つかる(毎日新聞)
[PR]
by idzxq0u93q | 2010-02-04 11:04

公明党、比例で候補者名の投票呼びかけへ方針転換(読売新聞)

 公明党は28日の中央幹事会で、今年夏の参院比例選で原則として党名での投票を呼びかける方針を撤回し、従来通り地域ごとに割り振った「重点候補」の名前での投票を認めることを決めた。

 地方組織の強い要望を受け、方針を転換した。

 井上幹事長が中央幹事会で「これまで『公明党』を前面に立ててきたが、各地域から重点候補を決めてほしいとの要望があり、検討を始めたい」と報告し、了承された。

 参院比例選は非拘束名簿式で行われており、党名、候補者名いずれでも投票できる。公明党は過去3回の参院選で候補者名での投票を呼びかけてきたが、今回は擁立が遅れたことなどから、党名投票を呼びかける方針を決めた。

 しかし、保守層を取り込むためには、候補者名による投票の方が有利だとして、九州地区が昨年末から地元出身の新人候補の名前での投票を呼びかける方針で活動を開始するなど、党内から反発が出ていた。

里見連勝王手!4人目の10代名人へ戴冠確率100%…将棋 女流名人位戦第2局(スポーツ報知)
橋下知事、私立高の実質無料化制度拡大の意向(読売新聞)
「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行−検察側冒頭陳述・秋葉原事件(時事通信)
【こうして生まれた ヒット商品の舞台裏】「やきやき」 象印マホービン(産経新聞)
研究費を業者にプールか=教授ら総額1億円、国税局指摘−山口大(時事通信)
[PR]
by idzxq0u93q | 2010-02-03 11:51

<センター入試>追試験 最多は数学(1)640人(毎日新聞)

 大学入試センターは1日、病気などで本試験を受けられなかった972人を対象に1月30〜31日に行った追試の実施状況を発表した。受験者が最も多かったのは2日目の数学(1)の640人で、初日の外国語が627人で続いた。972人のうち384人はインフルエンザが理由で、類似の症状が理由の受験生も125人いた。

【関連ニュース】
国公立大2次試験:志願倍率1.0倍…中間集計
センター試験:追試、過去最多の972人
センター試験:願書受け付け始まる 国公立大2次
センター試験:得点調整は実施せず
センター入試:得点差は最大15.76点 調整ない見通し

<水門談合>国交省、23社に8億円損害賠償請求(毎日新聞)
<大逆事件>管野スガの書簡見つかる 幸徳秋水の無罪訴え(毎日新聞)
外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」(産経新聞)
車両接近通報装置、現行の登録車にも(レスポンス)
結婚への夢、ブログにつづる=大出さん、「旅行に」翌日遺体で発見−連続不審死(時事通信)
[PR]
by idzxq0u93q | 2010-02-02 14:50